MEDINTさんのおすすめ

超遅読の「MEDINT便り」筆者ですが
がんばって最低週2冊は本を読むようにしています。
トレンドを知るためにベストセラーなどはできるだけおさえるようにしています。
漫画・アニメなどのサブカルチャー系も大好きです。
ここではMEDINTにかかわる方々に参考となりそうな本をいくつか紹介していきます。
軽い読書日記だと思ってください。

「ふしぎなキリスト教」 橋爪大二郎
日系人の相談にのっていたり、翻訳通訳をしていると
ところどころ「ん?」と思うことがあります。
その基本的な部分が宗教の違いだと感じるのです。
でもなかなかキリスト教を異教徒が勉強するのは難しい。
この新書は、わかりやすいキリスト教文化の入門書になっています。

「パラレルワールド」 深沢正雪
ブラジルの日系新聞社に就職した日本国籍の筆者が、
3年後日系労働者として帰国して群馬の工場で働きながら、
日系ブラジル人労働者の姿をレポートしています。
ブラジルと日本の間を揺れ動く気持ちが伝わってきます。

「移民還流」 杉山春
1990年の入管法改正でたくさんの日系南米人が来日しました。
日系ブラジル人の母子の殺人事件を発端に、日本社会の中で見えにくい
日系南米人の姿を描いていきます。

「生き場を探す日本人」下川裕治
日本では生きづらいけれどアジアなら生きる場所があると感じる人たちのルポです。
ドロップアウトと言ってしまえば簡単だけど、もっと複雑。
日本社会に生きづらさや違和感を感じる人たちに。

かんさい絵ことば辞典
関西方言をイラストと一緒に紹介しています。
関西弁ネイティブはくすっと笑って、関西弁はいいなあと思える1冊。

「フリーター家を買う」有川浩
嵐の二宮君主演でヒットしたドラマの原作本です。
母親の統合失調症の症状がとてもリアルに描かれていて、とても勉強になります!

「通訳者と戦後日本外交」鳥飼 玖美子
日本の同時通訳のパイオニアの方々も、さまざまな苦労を乗り越えてこられたのだと理解できました。
日本の通訳の原点を学んでください。

漫画「チーズスイートホーム」
疲れたときにどうぞ

「社会を生きるための教科書」川井龍平

コメントは受け付けていません。